noopyLife

初心者ブロガーによる自由への旅♪blog必死で勉強中!!

熱中症になった時の応急処置について

スポンサーリンク

こんにちは。ぬーぴーです。

 

f:id:noopylife:20190531012451j:plain

 

今回は

熱中症になった時の応急処置について

という記事です。

 

今年も梅雨が明け、一気に本格的なになりました。

気温が上がり熱中症になり、

毎日、救急車で病院に運ばれる方もかなり多い

最近のニュースで取り上げられていました。

 

私もちょっと外に出るだけで汗が止まりません(笑)

普段は事務所にいるので涼しいですが、

外に出た後は、

必ず水分をとるように心がけています

外に出る時は注意が必要ですね。

 

私も少しは気を付けていますが、

本当に熱中症なった時にどうしたらいいのか分からない!

と危機感を感じたので

今回は熱中症になった時の応急処置についてをまとめ、

記事にしました。

 

目次

 

 

熱中症とは?

f:id:noopylife:20190605020727j:plain

 

熱中症とは、

熱によって起こるさまざまな体の不調の事です。

暑さにより、

体温調節機能が乱れたり、

体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

熱中症の種類と特徴

 

f:id:noopylife:20190630224543j:plain

 

熱中症には種類があり、熱失神熱けいれん熱疲労熱射病等があります。

 

熱失神とは、皮膚血管の拡張により血圧が低下、脳への血流が悪くなることで起こります。特徴として、めまい・一時的な失神・顔面蒼白・脈が速くて弱くなる等があります。

 

熱けいれんとは、大量の汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴として、筋肉痛・手足がつる・筋肉がけいれんする等です。

 

熱疲労とは、大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと身体が脱水状態になり、熱疲労の症状がみられます。特徴として、全身倦怠感・悪心・嘔吐・頭痛・集中力や判断力の低下等です。

 

熱射病とは、体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。特徴として、体温が高い・意識障害・呼びかけや刺激への反応がにぶい・言動が不自然・ふらつく等です。

 

以上のような症状がある場合は、熱中症の可能性があります。

 

熱中症だと思ったら・・・応急処置

 

f:id:noopylife:20190701001425p:plain

 

少しでも熱中症かもしれないと思われたら、

 

1、どんな症状がでているのか(熱中症に当てはまるものはないか)

2、意識があるのか→ない場合は、救急車を呼ぶ

 

  〈救急車が到着する間に応急処置を〉

 

  ※意識がないのに無理やり水を飲ませたらいけない。

  ・水やぬれタオルで体を被い、風を送る

  ・氷のなどがあれば、

   首、脇の下、太ももの付け根を集中的に冷やす。

  ・医療機関へ現場にいた人が付き添い、

   発症時の症状を伝える

  

  意識がある場合は、

  涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす

 

3、水分を自力で摂取できるか

  できない場合は、医療機関

  出来る場合は、水分・電解質を補給する

  ・スポーツドリンク

  (ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料)

  ・経口補水液

 

4、症状がよくなったか

  よくならない場合は、医療機関

  よくなった場合は、そのまま安静にして十分に休息をとり、

  回復したら帰宅

5、 熱中症になった翌日は、

  回復していてもまた熱中症になってしまう可能性も。

  熱中症で体温が高くなると、

  体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まる

  しばらくは、体をいたわる生活を心がける!!

 

症状が明確でなくて、

判断に迷うことがあれば、速やかに救急車を要請

 

熱疲労熱射病の症状がある場合は、

一時的に回復しても容体が急変することもあるので

病院での診察が必要

 

 

最後に

 

f:id:noopylife:20190701000322j:plain

 

熱中症の種類・・・

熱失神熱けいれん熱疲労熱射病等があります。

 

少しでも熱中症かもしれないと思われたら、

1、どんな症状がでているのか(熱中症に当てはまるものはないか)

2、意識がない場合は、救急車を呼ぶ

  〈救急車が到着する間に応急処置を〉

  ※意識がないのに無理やり水を飲ませたらいけない。

  ・水やぬれタオルで体を被い、風を送る

  ・氷のなどがあれば、

   首、脇の下、太ももの付け根を集中的に冷やす。

  ・医療機関へ現場にいた人が付き添い、

   発症時の症状を伝える

  意識がある場合は、

  涼しい場所へ避難し、服をゆるめ体を冷やす

3、水分を自力で摂取できない場合は、医療機関

  出来る場合は、水分・電解質を補給する

  ・スポーツドリンク

  (ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料)

  ・経口補水液

 

4、症状がよくならない場合は、医療機関

  よくなった場合は、そのまま安静にして十分に休息をとり、

  回復したら帰宅

5、 熱中症になった翌日は、

  回復していてもまた熱中症になってしまう可能性も。

  熱中症で体温が高くなると、

  体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まる

  しばらくは、体をいたわる生活を心がける!

症状が明確でなくて、

判断に迷うことがあれば、速やかに救急車を要請

熱疲労熱射病の症状がある場合は、

一時的に回復しても容体が急変することもあるので

病院での診察が必要

 

熱中症の種類ってこんなにあるんですね。知らなかった・・・。

応急処置についても大切な事ばかりです。

 

きちんと内容を理解して、

もしもの時にすぐ行動できるようにしておかないとですね。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。