noopyLife

初心者ブロガーによる自由への旅♪blog必死で勉強中!!

ガソリンの給油口がどっちについてるか一瞬で見分ける方法

スポンサーリンク

こんにちは。ぬーぴーです。

 

f:id:noopylife:20190531012451j:plain



今回は、

「ガソリンの給油口がどっちについているか

 一瞬で見分ける方法」についてです。

 

ガソリンスタンドについて給油口右と左どっちだったっけ?って

迷ってしまうことありませんでしたか?

窓やドアを開けて確認したことはありませんか?

 

今回は、給油口を一瞬で見分ける方法

意外と知らないガソリンスタンドや車のお話について

元店員である私がまとめてみました。

 

 目次

 

給油口は、給油機アイコンの三角の矢印が付いてるほうにある

 

f:id:noopylife:20190625225551j:plain

 

給油口は、給油機アイコンの三角矢印がついてるほうです。

 

上の写真だと給油口は、左側です!

 

この三角何だろう?って疑問に思ったことはないですか?

私はあります。(笑)

知ってる人に意味を教えてもらって

便利だな~って感動しました。

 

古い車には、三角矢印がないものもあります。

その場合は、車のマフラーの反対側にあると覚えてください。

国産車のほとんどが車のマフラーの反対側です。

その理由は、最も熱を発するマフラーから

引火のリスクを避けるために距離を離してあるからです。

 

車のメーカーによって給油口の位置が違うため、

すべての車がそうであるとは言い切ることはできませんが・・・。

 

意外と知らないスタンドや車のお話

f:id:noopylife:20190625215718j:plain

セルフスタンドでも監視義務があり、許可ボタンを押さないとは出てきません。

 

セルフスタンドですぐに油が出てこなかったことないですか?

 

セルフでも監視義務があるため、油種とカメラでの目視確認をしてから

許可ボタンを押さないと油はでないようになっています。

 

店員が忙しそうな時はイライラせずに、気長に待ちましょう。

 

「静電気除去パッドに触れてから給油をしましょう」というアナウンスがあり、バンバン強めにパッドを叩かれる方がいます

あのパッドはほんのちょっと触るだけでも

体に溜まった静電気を逃がして引火の防止になります。

 

あまり強く叩くとパッドが壊れるのでやめましょう。

 

給油する際は、必ず車のエンジンを停めてください!

 

よく「暑いから」「寒いから」「なぜ?」って言われます。

お客さんに逆切れされたこともあります。

 

ですが・・・本当に危ないんです。

 

エンジンをかけっぱなしで給油すると

引火爆発の可能があるからです。

 

確かに確率はものすごく低いかもしれませんが、

店員だけではなく、

他のお客様まで危険にまきこんで大惨事になるかもです。

危ないので本当にやめましょう。

 

タイヤの空気圧、適正ですか?(月に1回点検)

 

タイヤの空気月に1回点検してください。

 

運転席側のドア開口部等の目立つところ

適切な空気圧が記載されているシール

貼ってあります。

(自分で見て分からない時は店員に聞いて下さい)

 

タイヤの空気圧が適正でないと

 

タイヤの空気が多すぎると

タイヤが傷む、跳ねるような感じで乗り心地が悪い

 

タイヤの空気が少なすぎると

発熱による損傷、スリップしやすい、燃費の悪化

 

摩耗したり、最悪の場合はバースト(破裂)です。

 

最後に

 

f:id:noopylife:20190605020727j:plain

 

・給油口は、給油機アイコンの三角の矢印が付いてるほうにあります

・セルフスタンドでも監視義務があり、許可ボタンを押さないと油は出てきません

・あのパッドはほんのちょっと触るだけでも

 体に溜まった静電気を逃がして引火の防止になります

・タイヤの空気圧、月に1回点検をしましょう

 

新たに思ったことや学んだことは、随時更新していきたいと思います。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。