noopyLife

初心者ブロガーによる自由への旅♪blog必死で勉強中!!

コーヒーなどに含まれるカフェインについて

スポンサーリンク

こんにちは。ぬーぴーです。

 

f:id:noopylife:20190531012451j:plain

 

今回は、

「コーヒーに含まれるカフェイン」

についてです。

 

コーヒーは好きですか?

私は好きです。たまに寝れなくなることもあります。(笑)

 

毎日コーヒーを飲む方

一日に何回かコーヒーを飲む方も中には

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

寝る前にコーヒーを飲むことありませんか?

カフェインって言葉をよく聞きますが、ご存じですか?

 

近年、エナジードリンクなどにも含まれている

カフェイン中毒による若者の死がニュースなどで報道され

カフェインの過剰摂取が問題視されています。

 

今回は、コーヒーなどに含まれるカフェインについて

学びたいと思います。

 

目次

 

 

 

カフェインとは?

 

f:id:noopylife:20190801194155j:plain

 

カフェインとは、アルカロイド系の一種であり、

プリン環を持ったキサンチンの誘導体。

興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬

 

覚醒作用・解熱作用・強心作用・利尿作用がある。

 

コーヒーから分離されカフェインと命名された。

コーヒー以外にも、

コカ・コーラや紅茶等

色んな飲料お菓子にも

カフェインは含まれています。

 

一日にどれくらいまでなら、カフェイン摂取しても大丈夫?

 

f:id:noopylife:20190605032705j:plain


一日に、コーヒー3~5杯分のカフェイン摂取なら

健康上の問題はない

 

およそ3~4時間ほどで体外に排出されてしまいます。

適度なカフェインは、

体にいい影響を及ぼすとも言われている。

 

 

 ※妊娠中や授乳中の人は、

 カフェインの摂取を控えるべきと言われています。

 

 

カフェインを取りすぎるとどうなる?

 

f:id:noopylife:20190603212424j:plain

 カフェインを摂取しすぎると、

カフェイン中毒となり

不整脈高血圧神経過敏怒りやすさ不安等を

引き起こす恐れがあり。

 

これらは心臓血管機能に悪影響

及ぼしかねないと言われています。

 

カフェインは、

ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌

増加させてしまいます。

 

コルチゾールの分泌により、

血圧上昇・心拍が早くなり、活力が増す

 

一見、とてもいい効果に見えますが、

現代の多くの人は常にストレスを抱えた生活を送っています。

 

ストレスを感じなくていい場合でも、

カフェインを取りすぎることで

過度なストレス状態が続くことになります

 

コルチゾールが頻繁に分泌されてしまうと

健康上の問題が引き起こされる可能性が出てきます。

不安症・うつ・記憶力と集中力の問題・

睡眠障害・体重増加・心疾患などです。

 

カフェイン中毒になってしまうと、

リラックスするために飲むコーヒーやお茶

つらく、不快な症状に苦しんでしまいます。

 

ノンカフェインの飲み物を選ぶ人が、増えています!

 

f:id:noopylife:20190605020727j:plain

 

カフェインの量を気にする人が増え、

今ではあえてノンカフェインの飲料を選ぶ人もいます。

 

スタバやタリーズドトールなどのカフェでも

ノンカフェインドリンクの販売が増えてきています。

 

ノンカフェインディカフェ(デカフェカフェインレスには

 違いがあります。

カフェインが全く入っていないのはノンカフェインだけです。

 

ノンカフェイン

カフェインが全く入っていないもの

ディカフェ(デカフェ

カフェインがもともと入っているものから

 カフェインを抜いたもの

カフェインレス

カフェインがほとんど入っていないもの

 

 

 

最後に

 

f:id:noopylife:20190618184543j:plain

 

カフェインとは、

興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬

覚醒作用・解熱作用・強心作用・利尿作用がある。

 

1日に、コーヒー3~5杯分のカフェイン摂取なら

健康上の問題はない

 

カフェインを摂取しすぎると、

カフェイン中毒となり

不整脈高血圧神経過敏怒りやすさ不安等を

引き起こす恐れがあり。

 

心臓血管機能に悪影響

及ぼしかねないと言われています。

 

カフェインの量を気にする人が増え、

今ではあえてノンカフェインの飲料を選ぶ人もいます。

ノンカフェインディカフェ(デカフェカフェインレスには

 違いがあります。

 

カフェインが全く入っていないのはノンカフェインだけです。

 

カフェインを取りすぎるといけないとはよく聞きますが

このような症状がでるのですね。

 

ノンカフェインとカフェインレスも

聞いたことがあったけど

意味までは知りませんでした。

 

私もカフェインの取りすぎに気を付けないと・・・。

 

 

 最後まで読んで下さり、ありがとうございました。